花粉は100%排除できない!対策と予防で症状を抑える

長い冬が終わってようやく暖かな日差しとサクラの花が楽しめると思ったら目のかゆみと鼻詰まりが止まらない。それはずばり花粉症です。去年までは平気だったのに今年から突然症状が出始めたという人も少なくありません。自分は大丈夫と思っていてもアレルギーはいつ発症するかわからないのです。

花粉症は大人だけではなく、子供にとっても脅威です。子供は学校や習い事など外出している時間が長く、大人のように常に気を配っていられないのでかわいそうです。

アレルギーにはハウスダストや動物の毛、食べ物などが原因のものがありますが、花粉症が厄介なのは100%排除することが難しいからです。家から一歩も出ないことは難しいし、家族が外出すれば衣服や持ち物に付着して家の中に入ってきます。

窓を開けたり、洗濯物を干したりすればもうそこら中花粉だらけです。花粉症は重症化すると頭痛がしたり、夜眠れなかったりと日常生活に支障をきたすこともあります。そうなったら抗アレルギー薬などの薬に頼らざるを得ません。飲み薬以外にも対処法として目薬や点鼻薬、軟膏など症状が現れる場所によって薬が必要になります。

花粉症の緩和のための薬は症状が出始める前に飲むものもあります。様々な薬があるので副作用なども把握したうえで、自分に合った薬を選ぶことが大事です。強すぎる薬はちょっと、、という人には体を温めて免疫力をアップさせる漢方薬などもおすすめです。

また花粉をできるだけ寄せ付けないために花粉対策グッズもメガネやマスクなどをはじめ、様々なものが販売されています。外出時は仕方ないとしても家の中だけでも徹底的に花粉を排除したいという人には最新家電もおすすめです。空気清浄機や布団掃除機など、家の中で快適に過ごすための家電も注目されています。

改善されない症状にはレーザー治療や舌下免疫療法などの最新医療がおすすめ!

あれこれやってみたけど症状が改善しないという人、どんな方法もその場しのぎに過ぎないと感じる人は、根本的に生活習慣を見直すことも一つ方法だと思います。花粉症に効くと言われている食べ物を積極的に取り入れたり、エクササイズなどの運動で体力を付けることもアレルギーに打ち勝つ方法の一つです。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品は花粉症に効果的と言われているので積極的に食べたいですね。

反対にどんなことをしてでもいいから花粉症をどうにかしたいと考えているなら、手術やレーザー治療で粘膜を破壊することももできます。手術と聞くとなんだか怖いですがこれでもう毎年花粉に悩まされなくなると思うとほっとします。ただし、手術をしても100%花粉症が治るというわけではないようです。

その他にも徐々に花粉に対する免疫を付ける舌下免疫療法と呼ばれる最新の花粉症対策についても触れてみたいと思います。花粉症は死ぬわけではないけれど、花粉症によるストレスは免疫力を低下させ、様々な病気をもたらします。

たかが花粉症と侮らず適切な治療を受けたり、対策を行ったりすることはとても大事ですよ。まずは日常生活において自分でできる花粉症対策を取り入れることから始めましょう。

archives

archives

archives

archives