もっとナチュラルに花粉症対策をするなら花粉症に効くアロマをご紹介

花粉症の治療法として薬を服用する人は多いですが、中にはもっとナチュラルに花粉症を緩和したいと考える人もいます。

確かに薬が合わない人、副作用を強く感じる人などは薬に対する抵抗感があるかもしれません。

ナチュラルに鼻詰まりや鼻水、目のかゆみや喉の痛みを緩和したいと考えるならアロマセラピーはどうでしょうか。

アロマセラピーとはエッセンシャルオイルと呼ばれる精油を用いて、症状を緩和する方法です。

もちろん薬のようにすぐに効果が現れるわけではありませんが、体も心もリラックスする時間は大変貴重です。

エッセンシャルオイルには様々な種類がありますが、症状に応じたオイルを選び、ときにはいくつかの種類を混ぜて使うこともあります。

鼻づまりや鼻水に効果的なのはティーツリー、ユーカリ、ペパーミントなどです。ティーツリーには喉の調子を整えたり、殺菌作用があります。

ユーカリは呼吸を整え、免疫力をアップしてくれます。ペパーミントのすうっとした香りは鼻詰まりを緩和し、リフレッシュさせてくれます。

花粉症の症状として鼻づまりの次に多いのは目のかゆみです。目のかゆみにはカモミールやラベンダーが効きます。

カモミールには目のかゆみのほかに、喉の不調や抗アレルギー作用などもあります。

花粉症に効くエッセンシャルオイルがわかったらどのように取り入れたらいいのでしょうか。

花粉症の症状は外出時にひどくなることが多いので、ガーゼなどに含ませてマスクの内側に入れておきましょう。

マスクを付けない場合にはハンカチに染み込ませて症状が出た時に嗅いだりするのがいいと思います。

エッセンシャルオイルは直接肌に触れると刺激が強すぎることもありますので注意が必要です。

自宅でアロマセラピーを行う場合に最も手間がかからないのはアロマディフューザーを使用する方法です。

専用の加湿器にエッセンシャルオイルを数滴たらせば部屋中にエッセンシャルオイルの香りが広がります。

加湿器がない場合には洗面器にお湯をはってエッセンシャルオイルを垂らし、その蒸気を吸い込みましょう。

寝る前に枕もとにオイルを染み込ませたタオルなどを置いておくと寝ている間も症状を緩和してくれます。

私自身も花粉の季節にはアロマディフューザーを使っています。とくに好きなのはティーツリーとユーカリ。

気管支が弱い子供たちにはユーカリ、ティーツリー、カユプテをミックスしたものを寝る間際に使用しています。

アロマセラピーを行う上で気を付けたいのはエッセンシャルオイルの質です。

エッセンシャルオイルは高いものですと100ml数千円するものもあります。一方で100円ショップなどでも売られています。

100円ショップで売られているものは香りを後からつけたただのオイルということも多く、実際に効果はあまり期待できません。

アロマセラピーを行う際にはエッセンシャルオイルの品質がとても大事ですので信頼できるお店で購入することをおすすめします。