妊娠中や授乳中でも花粉症の薬は飲んでも大丈夫!?

妊娠中や授乳中の女性の場合、薬を飲むことで胎児に影響があるのではと懸念する人が多いと思います。

妊娠中の方の薬の服用は実は禁忌薬と言われているもの以外はそこまで深刻な影響を及ぼすものは多くありません。

しかし、絶対ということは言えないため、できれば妊娠中は薬を飲みたくないという人がほとんどだと思います。

ただ、妊娠中はホルモンのバランスが変化したり、精神的に不安定になることも多く、アレルギーなどを発症することリスクが高まります。

花粉症の症状がひどい場合には薬の服用なしでは乗り切れないこともありますが、花粉症の薬は妊娠中の女性が飲んでも大丈夫なのでしょうか。

まずほぼ問題がないと言えるのが点鼻薬や点眼薬です。目のかゆみや鼻詰まりを解消してくれるこれらの薬は部分的に効果を発揮するため胎児に影響を及ぼすことはありません。

根本的な治療というわけにはいきませんが、目のかゆみや鼻づまりによって眠れなかったり、ストレスを溜めるのはお腹の赤ちゃんにもよくありません。

気になるのは飲み薬です。妊娠初期には風邪薬も避ける人が多く、抗アレルギー薬に関しても妊娠初期には服用しない方が安全です。

安定期に入る頃には胎児の体の大部分が出来上がっていますので、医師が許可したら薬であれば問題ないと思われます。

抗アレルギー薬としてポララミンやアレグラなどは医師から処方されることがありますので、あまり神経質にならず症状がひどいときには服用しても問題ないと思います。

授乳中の場合、花粉症に対応する薬は避けた方がいいのでしょうか。抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の中には母乳に移行し、赤ちゃんに影響を及ぼすものもあります。

例えば赤ちゃんが寝てばかりいる、アレルギー反応が出るなどです。とくに赤ちゃんに持病やアレルギーがあったり、低体重で生まれてきた場合には授乳中の薬の服用は避けた方がいいかもしれませんね。

できれば避けた方がいいという薬も赤ちゃんに重篤な症状が出ることは稀なのでつらい時には医師に相談し薬の助けを借りてもいいと思います。

また妊娠中でも問題のなかった点眼薬や点鼻薬は授乳中でも大丈夫です。それでも妊娠中、授乳中の薬は極力避けたいと考えるのであれば薬以外の方法で花粉症の症状を改善することを考えましょう。

効果は緩やかですが、安全性の高い漢方薬を取り入れてみるのもおすすめです。花粉症の症状に効く漢方薬には鼻詰まりを解消してくれる小青竜湯(ショウセイリュウトウ)や体を温めてくれる麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)などがあります。

症状によって処方される漢方薬は異なりますので、医師に相談しましょう。

その他にも食生活を改善し、花粉症に効くと言われている食品、発酵食品などを積極的に取り入れるなどの方法もあります。

免疫力を高めるためにエクササイズをするなどもおすすめです。妊娠中や授乳中でもできるマタニティヨガやベビーヨガなどもありますので赤ちゃんと一緒に参加してみるのもいいですね。

薬は最終手段と考え、まずはセルフケアで花粉症を乗り切れるように頑張りましょう。