軽度花粉症ならまずは日常生活でできる花粉症対策を始めよう

くしゃみや鼻詰まりはあるけれどそこまでひどくないという軽度の花粉症の人は日常生活を見直すことでこれ以上悪化することを防ぐことができます。

花粉症対策の基本はマスクやゴーグルを着用することです。マスクでも花粉症対策を目的とした性能の良いものが販売されていますし、脇からの花粉の侵入をふせぐゴーグルは通常のメガネよりも効果大です。

毎日花粉情報をチェックし、とくに花粉の多い日には気を配ることも大事です。

子供がいると外出の機会も多くなりますが、花粉情報をチェックしながらおでかけの予定を立てるといいですね。

花粉の多い日には屋外施設や映画館など花粉の影響を受けない場所をおすすめします。

とくに森林の多い地域に住んでいる人は花粉のもととなるスギやヒノキなどが多い場所には行けないようにすることが大事です。

外出時は花粉を吸いこまないというのは難しいかもしれませんが、せめて家の中にいるときにはできるだけ花粉をシャットアウトすることが大事です。

家の中への花粉の侵入を防ぐにはまず帰宅したら玄関でコートや持ち物を拭いたり、掃除機をかけたりしましょう。

コートなどの上着がない場合にはすぐに着替えをして、来ていた服をリビングなどに持ち込まないようにしましょう。

衣類の中にはウールなど花粉が密着しやすい素材があります。すぐに払い落とせたり、拭いたりできる素材を選びましょう。帰宅後すぐにシャワーを浴びるのも効果的です。

それでも花粉の侵入を100%防ぐことは難しいので、掃除を徹底する必要があります。掃除機をかけるのは効果的ですが、先に掃除機をかけてしまうと埃と一緒に花粉も空中へ舞ってしまうのでまず拭き掃除をしてから掃除機をかけます。

一か所につき10秒程度掃除機をかけると効果が高まります。空気清浄機は床に落ちた花粉を吸い上げてくれますのでぜひ活用してください。

花粉症対策として布団を外に干さないことは基本です。お天気がいいし、布団を干したい衝動にかられることもあると思いますが我慢して布団乾燥機などを使用してください。

また布団専用の掃除機を使用したり、枕カバーを毎日替えるのも効果があります。

その他にも必ず帰宅したら手洗い、うがいを心がけましょう。手洗いうがいは感染症対策にもなります。ついでに目も流水で洗うといいですね。

コンタクトを使用している人は花粉の時期はメガネに変えるなどの対策が必要です。もしもコンタクトを使用する場合には使い捨てコンタクトにするか、きちんと洗浄できていることを確認してください。

花粉症対策の基本として十分な睡眠を摂る、栄養バランスのよい食事を摂るなど規則正しい生活を送ることが大事です。

体が弱っていて免疫力が低下していると花粉の影響を受けやすく、症状が悪化してしまいます。

春というのは進学や就職などで新たなスタートを切る人も多くストレスが溜まりやすい時期でもあります。体調管理に気を付けることで花粉症を撃退しましょう。