薬はちょっと、、という人は食生活の改善で花粉症を緩和できる!?

軽度の花粉症の場合、できれば薬を飲みたくないという人も少なくありません。

薬以外で手軽にできる花粉症のセルフケアといえば食生活の改善です。

今どのような食生活をしていますか。食べるものにどのくらい気を付けていますか。

仕事が忙しいとなかなか食生活に気を配ることができず、脂っこいもの、カロリーの高いものを無意識に食べていませんか。

花粉症はアレルギーです。アレルギーに良い食べ物、悪い食べ物を把握しなければなりません。

花粉症に効く成分として注目されているのは抗酸化作用や抗アレルギー作用のあるポリフェノールです。ポリフェノールには免疫力をアップさせる働きがあります。

ポリフェノールが含まれる食品といえば、赤ワイン、緑茶、しそ、イチジク、にんじん、たまねぎ、レンコンなどがあります。

その他にも免疫機能とかかわりのある細胞のバランスを整えてくれる発酵食品もアレルギー体質の方におすすめしたい食品です。

発酵食品といえば、納豆、ヨーグルト、しょうゆ、味噌などが挙げられます。日本人の食生活には昔から多くの発酵食品は取り入れられてきたので昔ながらの和食がおすすめです。

タンパク質もアレルギー反応を起こす原因の一つと言われています。分解されずに残ってしまった肉などのタンパク質は腸内でアレルゲンとなることがあります。

そのため消化吸収のしやすい魚のたんぱく質の方が肉類よりもおすすめです。乳製品の摂り過ぎもアレルギー体質の方にはおすすめできません。

とくに青魚は鼻詰まりの原因となるロイコトリエンの発生を抑制してくれると言われています。

一方であまり食べない方がいいものといえば、アレルギーを引き起こすヒスタミンを含む食品です。

ヒスタミンを含む食品にはトマト、ナス、キュウリなどがありますが加熱調理すれば問題ありません。

またファーストフードや加工食品などの添加物の多い食品もアレルギーを悪化させやすいので避けた方がいいでしょう。

同様に花粉症をはじめとするアレルギーの人が避けたいのが糖分です。菓子類などに含まれている砂糖はアレルギーの大敵です。

友人がひどいアレルギーの悩まされたとき、医師からまず糖分の摂取を控えるようにと言われました。

アレルギーを引き起こす菌は砂糖を餌に増殖します。腸内の悪玉菌も砂糖によって増え、悪玉菌が増えると腸壁が傷つき炎症を起こしやすくなります。その結果、免疫力が低下したり、アレルギーが悪化したりします。

砂糖は遅延型アレルギーの原因にもなり、摂取した直後ではなく、少し時間がたってからアトピーや皮膚炎、ニキビなどのの症状が現れることもあるのです。

ただし、砂糖の中でも甜菜糖やココナツシュガーなどはアレルギーを引き起こす可能性が低いとされています。

アレルギーに効く理想的な食事とはポリフェノールを含むレンコンなどを使った副菜やサンマなどの青魚、ワインを少し飲んだり、デザートにはヨーグルトなどです。

脂肪や油分の多い肉類を避け、和食を心がけるだけで手間をかけずに食生活の改善ができます。

一年中は無理という人も、花粉の季節だけでも規則正し食生活を心がけるといいですね。