海外にも花粉症はある!海外の花粉症事情について

日本では一般的になった花粉症ですが、海外にも花粉症はあるのでしょうか。

私は海外で暮らしたことがありますが、アメリカでもヨーロッパでも花粉症というものをあまり聞いたことがありません。

しかし、英語にHay Feverという言葉がありますので花粉症が全くないというわけではないと思います。

実際にアメリカにはヒノキ、アカシア、カエデなど花粉症の原因となる木が多く存在します。花粉に関する情報サイトもあるようです。

カナダやアメリカなど酪農が盛んな国では花粉症になりやすいようですね。イネ科の枯れ草などが原因となることもあるようです。

フランスやイタリア、イギリスにも花粉の原因となる植物は多くありますが、症状は軽く、日本のようにマスクをしている人もいません。

外国人は体質的に花粉症にはなりにくいのかなと思いましたが、日本在住の外国人の中には日本に住むようになってから発症した人も多く外国人が花粉症にならないというわけではないようです。

アジアでは花粉症以前に大気汚染のひどい国もあり、空気の悪さが原因でアレルギーになることもあるようです。

しかし、アジア諸国では重度のアレルギーは聞きません。おそらくアジアの国々の人々の多くが子供のころから菌などに対して免疫力ができているのでアレルギーになりにくいのでしょう。

あるいは香辛料などを含めたアジアの人々の伝統的な食べ物が花粉症対策になっているのかもしれません。

台湾の場合、花粉症を引き起こす木が全くないので花粉症が存在しないのです。うらやましいですね。

一方で日本の子供たちは異常に清潔な環境で育てられているためアレルゲンに対する抵抗力が低いと言われています。

外国では国によって花粉症が認知されているものの、日本のように花粉症人口は多くありません。もちろん海外にも花粉症のもとになる植物はあります。

それなのになぜ花粉症患者が少ないのかといえば、おそらく植林されている数が少ないことが考えられます。

それくらい日本のスギの木は異常に多いのです。戦後多くのスギの木が植林されたときにはこんなことになるなんて誰も想像しなかったでしょうね。

外国人にとって日本の花粉症人口の多さと街ゆく人がみんなマスクをしている光景はとても不思議に見えるようです。

海外ではあまりマスクを使用しません。マスクを使用しているとなんだか感染力のとても強い重篤な病気だと思われてしまい周囲の視線を感じます。

ヨーロッパでは薬を服用するよりもナチュラルなサプリやハーブなどを用いて症状を軽くすることが多いようです。

アメリカの場合は抗アレルギー薬が用いられますが、日本人には強すぎる、異常に眠くなるなどの報告があります。

以前春先に日本人に人気のハワイに行ったことがあり、到着後ウソのように花粉症の症状がなくなりました。

しかし、聞くところによるとハワイにあるマンゴの木の花粉もアレルギーになることがあるそうです。マンゴー以外にも海外特有の植物によるアレルギーがあるようなのでアレルギー体質の方は油断できませんね。