花粉症による肌の赤みが恥ずかしい!肌のかゆみにはこれが効く!

花粉症というと鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどが主な症状ですが、肌荒れで悩んでいる女性は少なくありません。

花粉症によって肌が痒いとついついかきむしってしまったりしてさらに悪化するという悪循環を繰り返してしまいます。

しかし、女性にとって肌荒れは深刻です。肌が荒れていては化粧ののりも悪くなり、憂鬱な気分になります。

マスクをすると外したときに化粧がとれて見苦しいし、花粉の季節はおしゃれどころではありませんよね。

花粉症によるおもな肌の悩みは、目の周りや口元の赤み、肌が粉をふいたように白くなっていたり、ぶつぶつができたり、ひりひりと痛みがある場合もあります。

こんなときはどのように対処したらいいのでしょうか。

実際に花粉症に悩んでいる友人が行っている対策を伝授しましょう。とにかく常日頃から肌のバリア機能を低下させないようにすることを心がけてください。

肌バリアを低下させないためには十分な水分や油分を肌に与え、逃がさないことが大事です。

彼女は皮膚科で処方された保湿力の高い化粧水を浸透させた後にこれまた皮膚科で処方された亜鉛化軟膏を塗って水分を閉じ込めています。

この方法を始めてから肌が乾燥したり、かぶれたり、痒くなったりすることが少なくなったと言います。肌バリア機能がアップしているのだと思います。

皮膚科に行く時間がないという人は敏感肌用の化粧品をラインでそろえてみてはどうでしょうか。

敏感肌用の化粧品は無添加だったり、アルコールフリーだったりと肌に優しい成分でできていますのでおすすめです。

普段使っている化粧品もしっとりしたタイプは花粉が付着しやすいので避け、パウダーなどさらっとしたものを選びましょう。

濃いアイメイクも擦ったり、涙で落ちた際に目や目の周りを刺激するので避けた方が無難です。

もっと重症の方で皮膚科で薬が必要という方はどのような薬が処方されるのでしょうか。

血行を良くしたり、肌を丈夫にするビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンEなどのサプリを積極的に摂取するのもおすすめです。

それでも肌荒れが収まらない場合にはやはり皮膚科に行って薬を処方してもらうのがベストです。

肌あれや皮膚炎などはひどくなってから対処するのでなく、ひどくなる前に治す方が薬の量も少なくて済みます。
 
赤みやかゆみなどが重症な場合はステロイド塗り薬が処方されます。ステロイドは強さに応じていくつか種類があるので、医師の指導のもと正しく使用しましょう。

ステロイドは副作用が怖いと思われがちですが、一時的に部分使用するにはなんの問題もありません。

ステロイドは肌に強く刷り込むのではなく、患部をカバーするように塗ります。副作用が心配だからと勝手に量を調節する人もいますが、これはいけません。

たっぷり塗って、その上にプロペトなどの保湿剤をさらに塗るのがおすすめです。

冬から春にかけては乾燥で肌のバリア機能が低下しています。そこへ花粉症による刺激で肌の状態は一気に悪化しやすいのです。

花粉症の症状が出る前に予防策を怠らないことが大事です。