体を温め鼻詰まりを治す!?花粉症におすすめの漢方薬は?

花粉症がセルフケアでどうにもならなくなった場合には薬を飲むなど治療を行うことになります。

花粉症をはじめとするアレルギーに適した薬はいくつか種類がありますが、服用すると眠くなるという副作用があるものもあります。

副作用がいやだという人は花粉症に効くと言われている漢方薬はいかがでしょうか。

漢方薬とは日本で始まった漢方医学に基づく治療法です。漢方薬の特徴としてはいくつかの成分を組み合わせて症状に合った薬を作ることです。

また通常病院などで処方される薬に比べると効果が緩やかで、体質によっても効き方が違ってきます。

すぐに症状を緩和するというよりは、体質を改善しながら効いていくというかんじです。

花粉症の主な症状はくしゃみ、咳、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、目のかゆみなどですが症状に応じて処方される漢方薬は異なります。

例えばくしゃみや比較的サラサラな鼻水に効果的なのは小青竜湯(ショウセイリュウトウ)です。

小青竜湯は鼻かぜ、アレルギー性鼻炎、花粉症などに効果が高く、体内の水分調整をしてくれるため水っぽい鼻水に効果的です。

芍薬や甘草など8種類の生薬が含まれ、発汗作用があり、また気管支を拡張し咳などを楽にしてくれる働きもあります。

小青竜湯は風邪薬として一般的によく処方される漢方薬の一つです。

葛根湯加川芎辛夷(カッコントウセイキュウシンイ)も花粉症の薬として出される漢方薬です。

葛根湯というのは風邪薬として処方される薬なのでご存知の方も多いと思います。葛根湯加川芎辛夷は花粉症の中でも特に鼻詰まりがひどいという方におすすめです。

葛根湯加川芎辛夷には余分な水分を排出する働きがあります。つまり葛根湯で体を温め、鼻水など余分な水分を排出するということですね。

葛根湯加川芎辛夷は体内の血液や水分の流れをスムーズにし、体調を整えてくれます。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は体力がなく冷え性の方に向いている漢方薬です。体を温めることで症状を緩和してくれます。

麻黄附子細辛湯は痛みに効く漢方薬ですので、花粉症による頭痛や倦怠感を緩和してくれます。

気管支炎などにも効きますので、長引く花粉症による症状に効果的です。

花粉症に効く漢方薬はいろいろありますので、漢方薬に詳しい医師に相談し適切な薬を処方してもらいましょう。

漢方薬はサプリメントの延長上と考えている人がいますがそれは間違いです。漢方薬はれっきとした薬なので医師の指導のもと服用するようにしましょう。

漢方薬は服用して数日で効果が出るものもあれば、1カ月以上してから効果が出るものもあります。効果を全く感じられない場合には医師に相談して、薬を替えてもらうこともできます。

また漢方薬を服用する際にはその他の薬の飲み合わせに注意しなければなりません。

相性の悪いものや、効能が重なるものなどは一緒に飲まないように注意しましょう。飲み方や飲むタイミングなども大事なのであらかじめ医師に確認しましょう。

一般的な薬よりも漢方薬の方が体質に合うという方もいるので一度試してみてください。